hiroshima appeals
HIROSHIMA APPEALS ARCHIVES
ABOUT HIROSHIMA APPEALS
FROM A DESIGNER THIS YEAR
ABOUT HIROSHIMA APPEALS HIROSHIMA APPEALS EXHIBITION
「ヒロシマ・アピールズ」ポスターとは
「ヒロシマ・アピールズ」ポスターは、「ヒロシマの心」を、言葉を超えて広く内外に訴える事業として、1983年にスタートしました。現在は、公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会〈JAGDA〉(浅葉克己会長)広島地区、一般財団法人広島国際文化財団(山本治朗理事長)、公益財団法人ヒロシマ平和創造基金(岡谷義則理事長)が主催。JAGDAを代表するデザイナーがボランティアで制作しています。
 第1回作品の「燃え落ちる蝶」は同年、当時JAGDA会長だった故・亀倉雄策氏が制作し、後に「国際ポスタービエンナーレ展」で最高賞を受賞するなど、大きな反響を呼びました。
 昨年までに19作品が制作され、広島市への寄贈のほか一般販売も行っています。また、2005年第6回平和市長会議(2013年から平和首長会議)被爆60周年記念総会での広島市から平和市長会議参加市長への寄贈のほか、2008年平和市長会議の加盟都市への寄贈、2016年G7広島外相会合のプレスセンターでの展示など、海外に向けて反核、戦争の悲しさを訴え、平和を希求する心を発信し続けています。